TOP > レーザー脱毛での全身脱毛とホルモンバランス

レーザー脱毛で全身脱毛するのは珍しいことではなくなってきましたが、脱毛によるホルモンバランスの乱れはないのか、気になるかもしれません。

特に女性の体はデリケートであるため、ホルモンバランスの影響を、何かと受けがちなものです。

医療脱毛関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

全身をレーザー脱毛でお手入れをして、ホルモンが乱れるかというと、その心配はありません。
全身の脱毛をする人は、下から毛深いことも多いものです。体が毛深いタイプは、血液ホルモン値が高めであったり、ホルモンへの感受性が高めの毛であったりする可能性はあります。



しかし毛深いからといって、そのムダ毛がなくなることで、ホルモンバランスが崩れることは考えにくいことです。ホルモンというのは、体の外へ排出されるのではありません。

人間の体の中で、形状を変化させつつ分解する、代謝されるものです。

アミノ酸からできているホルモンであるため、体の外に排出される必要性もないのです。



レーザー脱毛で全身脱毛をすると、男性ホルモンが上昇する、といった思い違いをするケースもあるようですが、そういった心配はないです。

男性ホルモンは血液とともに、全身に行き渡りはしますが、ムダ毛を通して、体の外に出ていくものではないです。
このように、レーザー脱毛で全身の脱毛をしたからといって、体内のホルモンのバランスが乱れてしまうことはないため、安心して脱毛を受けられます。

全身の脱毛をすることで、肌もキレイになりますし、オシャレも楽しめるようになります。